或る物書きの英語喉と小説まみれのジャズな日々

  英語喉とジャズと小説をこよなく愛し、映画・アニメ・漫画・R&B・70年代ロック・Suchmosなどに眼がない或る物書きが綴る

英語喉ラジオ「WILL RADIO/オハイオのウィルがMASAに根掘りーの葉堀りーの!」

Sponsored Link Advertising

 

 「英語喉ラジオ」とは2011年頃、筆者が大学卒業以来の英語再学習を「英語喉」で始め、ほどなく開始した「MASA RADIO」というポッドキャストで、ネイティブをゲストに迎え、英語学習駆け出しの筆者が英語でインタビューするチャレンジ企画だ。

 

旗画像

 Contents

Sponsored Link Advertising

 

 

ネイティブ交友録  Will(Ohio, United States)

  

137回アップロードしたMASA RADIOだが、その内の5〜6回はゲストのネイティブがインタビュアーに、本来インタビュアーの筆者がゲストとして質問位答えるというパターンのものがあり、それらは例外なく面白い感じになっている。

 

今回紹介するウィルとのセッションもそのひとつだ。このMASA RADIOは実質的にはWILL RADIOだ。もう最初の挨拶からウィルの言葉で始まる。そして筆者に質問攻めする趣向である。

 

※MASA RADIO関係の人気ナンバーワンコラム!

Sponsored Link Advertising

  

日本に強く憧憬れていた青年ウィル 

 

以前にも別のセッションを紹介したオハイオのウィルは、筆者が英語喉のおかげで知り合えたネイティブ友人の中で、もっとも深く語り合った友人の中のひとりだ。

 

彼はちょくちょく名前が出てくる言語交換サイトLang-8ではなく、もうひとつの大手サイトMixxerの方で知り合った。当時は学生であったが、幾度となく彼は「日本に住んで結婚して家族を作りたい!」という野望を語っていたのを想い出す。

 

※オハイオのもうひとりの友人ベンとのセッション!

Sponsored Link Advertising  

  

 ウィルがホスト、ディズニー帰りの筆者がゲストの設定

 

収録した日は、筆者と家族がディズニーリゾート(ランドとシー)への二泊三日の家族旅行でから帰ってきたところだった。そんなこともあってか、ウィルとスカイプで話している時に、いつもの逆でゲストの方から質問する番組をやってみないかとウィルが発案した。

 

面白そうなので、早速収録してみたのだ。

 

ウィルはディズニーに関して、筆者がどんなアトラクションが好きかとか、よく行くのかとか、何日遊んだのかなど根掘り葉掘り訊いてきて、面白かった。

 

また、趣味のことなども聞かれたので、筆者が音楽の趣味のこと、ギターを長年やっていること、色々なジャンルを演奏する中でジャズが一番好きだとかしゃべっている。

 

※ブックマーク900超え!「はてブ週間ランキングTOP」に輝いたキラーコラム

Sponsored Link Advertising  

 

 WILL RADIO「ウィルがMASAに何を訊くねん」

 

そして筆者の仕事のことも訊かれた。当時は物書きではなく、アパレル製造小売会社の役員だったので、そのまんま答えている。

 

ウィルは基本的にシャイな性格で、ポッドキャストなどの公のシチュエーションでは口数も多くはない方であったのだが、MASA RADIOに何度か出演しているうちに結構堂々と喋る様になったのだ。本人もそう言っていた。

 

では聞いて頂こう。ウィルの根掘り葉掘りぶりを!(笑)