或る物書きの英語喉と小説まみれのジャズな日々

  英語喉とジャズと小説をこよなく愛し、映画・アニメ・漫画・R&B・70年代ロック・Suchmosなどに眼がない或る物書きが綴る

ビートルズ「アビイ・ロード」ゴールデン・スランバーの元ネタは4世紀前の子守唄

Sponsored Link Advertising

 

ビートルズ画像

https://i.fileweb.jp/hiromberry/info/detail/25516

Golden Slumber

1969年7〜8月収録

 

※ Golden Slumber~Carry That Weight~The End

 

 Contents

 

Sponsored Link Advertising

 

   

2種類のメドレー 

 

アルバム『アビイ・ロード』のB面には2種類のメドレーが収録されている。

 

ひとつめは彼ら自身が「The Long One」と呼んでいた分で、「You Never Give Me Your Money」から「SHe Came In Through The Bathroom Window」までの5曲である。

 

ふたつめは「Golden Slumbers」「Carry That Weight」「The End」の3曲だ。

そして「The End」の後に「Her Majesty」でアルバムは閉じる。

 

「Golden Slumber」(邦題:ゴールデン・スランバー)は一箇所だけポール・マッカートニーが激しくシャウトするが、全体としては優しく穏やかで美しい、メロディアスな曲である。

それもそのはずで、元々は子守唄に即発されて作られたからなのだ。

 

※関連コラム

Sponsored Link Advertising

   

『Golden Slumbers』の元ネタ

 

実はこの曲は元ネタがあると、ポール自身が発言している。

 

なんと400年近く前に作られた子守唄なのだ。シェイクスピアと同じ時代に生きたトーマス・デッガーという英国の作家の喜劇『ペイシェント・グリッシル』の中で歌われた『Golden Slumbers Kiss Your Eyes』という子守唄なのだ。

 

次のような歌詞であり、たしかに『Golden Slumbers』とほぼ同じだ。

 

Golden slumbers kiss your eyes

Smiles awake you when you rise

Sleep, pretty wontons, do not cry

And I will sing a lullaby

Rock them, rock them, lullaby

Cares is heavy, therefore, sleep you

You are care, and care must keep you

Sleep, pretty wontons, do not cry

 

※関連コラム

Sponsored Link Advertising  

 

義妹ルースのピアノ

 

ポール・マッカートニーの母親であるメアリーは乳癌で亡くなった。メアリーは『Let  It Be』の歌詞に出てくる「mother Mary」である。

ポールの父親ジェームス・マッカートニーは後に再婚をしていたが、その妻には連れ子がいた。ポールの義理の妹に当たるルースである。

 

ある時、ポールが故郷リバプールの実家に戻った折に、ルースの部屋のピアノに置いてあった楽譜が『Golden Slumbers Kiss Your Eyes』だった。

 

ポールはその優しい詞がすこぶる気に入ったのだ。そして自分流に歌詞を付け足し、一部変え、そしてまったく違うメロディをつけたのだ。

 

 元の曲はこれだ。

 

 

※関連コラム 

Sponsored Link Advertising  

 

ポールが詞に込めた意味

 

ポールは元の曲にはないイメージを曲の冒頭に付け足した。

Once there was a way to get back homeward

Once there was a way to get back home

 

彼が何を伝えたかったか、真意は本人しかわからないが、『ゴールデン・スランバー』の詞を筆者なりに意訳してみた。

 

かつては戻るべき家路があり

帰るべき家があったのさ

 

さあ、いい子だからお眠りなさい

泣いてはいけないよ

子守唄を歌ってあげるからね

 

極上のまどろみが君のまなこを満たし

たっぷりの笑みによって目覚めるのさ

 

いい子だから泣かないで眠りなさい

子守唄を歌ってあげるから

 

※関連コラム

  

いかようにも意味が汲み取れる。

ポール自身に対してなのか、メンバーに対してなのか、ビートルズを支えてきた人たちに対してなのか、ビートルズを愛した人たちに対してなのか・・・

 

ビートルズの終焉をひしひしと感じつつ、ポールが万感込めて歌い上げたこの子守唄は、聴く人によって様々に解釈ができる深みのある歌だと言えるだろう。

 

 

Full Album 2019 Mix

  

 

THE BEATLES カテゴリーの記事一覧 

筆者のビートルズ秘話集Kindke本『Read The Beatles』と『Read The Beatles Abbey Road Edition』が大好評発売中!

   

読み放題にも対応、登録すれば1ヶ月は無料体験可能♩(1ヶ月手前で辞めるのもアリ)