或る物書きの英語喉と小説まみれのジャズな日々

  英語喉とジャズと小説をこよなく愛し、映画・アニメ・漫画・R&B・70年代ロック・Suchmosなどに眼がない或る物書きが綴る

ビートルズの世界進出への大いなる助走こそ2ndアルバム・ウィズ・ザ・ビートルズ

Sponsored Link Advertising

 

ビートルズ画像
 

 Contents

 

Sponsored Link Advertising  

    

ビートルズ2ndアルバム『WIth The Beatles』

 

筆者の13冊目のKindle書籍、ビートルズのセカンド・アルバム『WIth The Beatles』制作にまつわるエピソード集を発刊したので、紹介させて頂くことにする。

 

Read The Beatles Episodes on With The Beatles: ビートルズ2ndアルバム 『ウィズ・ザ・ビートルズ』制作秘話集 【楽曲公式動画URL掲載】

 

1963年11月22日は、世界で三つの重大な出来事があった。まず、イギリスでビートルズのセカンド・アルバム『ウィズ・ザ・ビートルズ』がリリースされた1963年11月22日である。

ファースト・アルバム『プリーズ・プリーズ・ミー』が成功した要因のひとつ「ライブ感」を引き続き保ちつつも、さらなるクオリティの向上が見られるアルバムだ。

 

このセカンド・アルバムは12月7日に、30週連続トップを維持した自分たちの『プリーズ・プリーズ・ミー』を押しのけて全英ヒットチャート1位を獲得し、翌1964年5月まで21週間連続で1位の座を守り、ビートルズの世界進出への大いなる助走となった。

 

同じ日にアメリカと日本では、日米間での通信衛星を使った衛星中継によるテレビ電送実験がおこなわれ、民間にも放送された。当時は「衛星中継」ではなく、「宇宙中継」と呼ばれていた。

 

実験放送が成功したのちには、ケネディ大統領からの祝福のメッセージが届く・・・はずであった。ところが、リアルタイムでアメリカから海を越えて伝えられたのは驚くべき事件であった。

 

Sponsored Link Advertising

 

  

リリースは1963年11月22日

 

1963年11月22日、遊説中の第35代アメリカ合衆国大統領であるジョン・F・ケネディがテキサス州ダラスをパレード中、現地時間12時30分に銃撃され死亡したという知らせが、衛星放送で伝えられた最初の一報だったのだ。

将来を期待された若き大統領ケネディ暗殺のニュースは、驚きと深い悲しみとともに全世界を駆け巡った。

 

ちなみに、犯人と思しき人物リー・ハーヴェイ・オズワルドは、事件から1時間後に逮捕された。しかし2日後にダラス警察署の地下室で、何とTV中継中にナイトクラブのオーナー、ジャック・ルビーなる者に銃撃され死亡した。


そして多くの謎を孕んだまま捜査に終止符が打たれた。半世紀を経てもなお不可解さが残り、陰謀説を含めて未だなお様々な憶測が飛び交う事件である。

 

日本には奇しくもテレビ伝送実験において事件の詳細が伝えられ、日本の視聴者に大きな衝撃を与えた。訃報を伝える毎日放送北米支局の前田治郎記者から発せられた内容は、以下の通りである。

 

日米宇宙中継という輝かしい試みの電波に乗せて、悲しいニュースをお伝えしなければならない事を残念に思います。アメリカ合衆国第35代ジョン・F・ケネディ大統領は11月22日、日本時間11月23日午前4時、テキサス州ダラス市において銃弾に撃たれ死亡しました。
引用元:.wikipedia ケネディ大統領暗殺事件 

 

Sponsored Link Advertising  

     

ベビーブーマー

 

ケネディ大統領には政敵も多くいたし、スキャンダルもなくはなかったが(マリリン・モンローとのロマンス等)が、それでも人望は厚く、多くのアメリカ国民老若男女に慕われていた。

 

とりわけベビーブーマー(日本の団塊の世代=「戦争を知らない子供たち」に通じる第二次世界大戦終結後に生まれた世代)の若者の多くも、ケネディ大統領がアメリカの自由と平和と発展を導いてくれると願っていたのだ。
それまでにないほど、国民の期待を一身に集めた若き大統領だった。

 

それゆえ、この事件が国民に与えた衝撃は計り知れないものであった。若者達が未来の希望を失ってしまう、ケネディロスの状態に陥るのも無理はなかったのだ。
ケネディ大統領の人気は高く、日本のベビーブーマーとも言える「団塊の世代」の若者たちの共感も得ていた。

 

そのケネディ大統領暗殺の年、1963年の12月26日にはアメリカにてビートルズのシングル盤「I Want To Hold Your Hand(抱きしめたい)」がキャピトル・レコードから、予定していた発売日から繰り上げてリリースされた。

 

Sponsored Link Advertising

 

    

予定を繰り上げてリリース

 

なぜ予定を繰り上げたのか?


実は一部のローカルラジオ局がビートルズのイギリスでの評判から当然興味を持ち、イギリス盤をラジオで流したところ大いに反響があったのである。評判がエスカレートして無視できなくなり、キャピタル・レコードは慌ただしく予定を繰り上げたのだ。

 

1963年も暮れようとする頃、アメリカではケネディ大統領の死によって希望を失った自由と平和を求める若者たちの心は打ちひしがれていた。

そこへ彼らの心の隙間を埋めて、自由と平和と愛のパワーで満たしてくれるビートルズという新しいヒーローが現れたのだ。乾いた土に水が染み込むように、ビートルズ・サウンドは彼らの心を潤し、腰を上げさせ、舞を舞わせた。

 

発売後のビートルズ人気は燎原の火のように広がり、広大なアメリカのあちらこちらでブレイクしてゆき、翌1964年の1月18にとうとう全米チャートのトップに輝いた。

尋常ではないビートルズ熱はメディアをも驚かせた。そしてついにアメリカで最も有名なTVバラエティ番組「エド・サリヴァン・ショー」に招待されたのだ。

 

放送日は2月9日、演奏した曲演奏をした順に並べると、「オール・マイ・ラヴィング」「ティル・ゼア・ウォズ・ユー」「シー・ラヴズ・ユー」「アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア」「アイ・ウォナ・ビー・ユア・マン」であり、2曲目以外は全部オリジナルである。

 

Sponsored Link Advertising  

 

エド・サリヴァン・ショー

 

番組では溌剌とした自由奔放な4人の若者が、最高に素敵な音楽を自作自演した。これを見た多くの若者が音楽に目覚めたり、音楽ならずとも、何かを始めたくなった。

 

イギリスとドイツなどの欧州の一部でしか売れていなかったビートルズは、アメリカの若者の心に新しい息吹を吹き込み、圧倒的にその名を轟かせたことにより、一気に世界スケールのスーパーアーティストへの道を歩み始めた。


ほんの一例ではあるが、あのビリー・ジョエルはこの日のエド・サリヴァン・ショーを観て人生がきまったと公言して憚らない。

 

※放送日は2月9日、演奏した曲は、「アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア」「オール・マイ・ラヴィング」「シー・ラヴズ・ユー」「抱きしめたい」「ティル・ゼア・ウォズ・ユー」で、「ティル・ゼア・ウォズ・ユー」以外は全部オリジナルである。大反響のためその後も16日、23日と3週連続で招待されることとなった。  

 

かくしてセカンド・アルバム『ウィズ・ザ・ビートルズ』がリリースされ、日米間の宇宙中継の実験放送があり、その第一報として伝えられた「ケネディ大統領暗殺」、この三つの出来事があった日・・・

1963年11月22日をひとつの節目として世界から揺さぶりをかけられた若者たちの心が、ビートルズが放つ「愛と自由と平和の讃歌」を胸いっぱいに吸い込み始めたのである。

 

Sponsored Link Advertising

 

     

Read The Beatles Episodes on With The Beatles
ビートルズ2ndアルバム『ウィズ・ザ・ビートルズ』制作秘話集【楽曲公式動画URL掲載】

 

目次

 

プロローグ

 その日、三つの重大な出来事があった
 大統領の訃報に全世界が震撼
 ベビーブーマーのケネディロス
 人気TV番組に出演で世界が視野に

IT WON’T BE LONG

 劈頭から勢いある肉声で始まるアルバム1曲目
 ジョンに対抗したポールの言葉遊び
  ライブでは一度も演奏しなかった理由?

ALL MY LOVING

 大人気のモンスター・チューン
 ジョンがポールを絶賛した曲
 ブルース色の薄い爽快系の曲
 楽器演奏力も秀逸だったビートルズ
 彼らはビジュアルもよく考えていた

DON’T BOTHER ME

 ノーザン・ソングス
 ディック・ジェイムスの進言
 オリジナル曲と著作権
 ジョージ初めてのオリジナル曲
 「放っておいてくれ」
 偉大過ぎた2人の陰で

I WANNA BE YOUR MAN

 ストーンズはデビュー盤に不満だった
 ミック・ジャガーの奨学金で家賃を
 ポールがリンゴの歌いやすい曲を
 ミック・ジャガーの幸運
 車中での運命のやりとり
 ストーンズのブレイクの足掛かり

ROLL OVER BEETHOVEN

 ロカビリー音楽
 日劇ウエスタン・カーニバル
 チャック・ベリー
 ベートーヴェンをぶっ飛ばせって?
 凄まじき逆輸入

WHILE MY GUITAR GENTRY WEEPS 付録1

 クラプトン参加の謎
 ジョージと友
 易経
 エゴイズム
 ジョージの閃き
 エリック・クラプトン一世一代の名演奏
 クラプトンの望んだこと
 スローハンドの面目躍如
 相互反応
 ルーシー

COME TOGETHER 付録2

 乾いた秀逸なロックナンバー
 サイケデリックの伝道師からの依頼
 ジョン・レノンのロックンロールへの覚醒
 異色な歌詞を綴るチャックに着目したジョン
 「カム・トゥゲザー」は当初アップテンポのロックンロールだった
 チャックへのオマージュ感が災いを呼ぶ
 後のジョンらによる逆提訴で完全に終決
 2CDエディションで聴ける別バージョン

PLEASE PLEASE ME 付録3

 アルバム劈頭から斬新なロックンロール
 テイク1の演奏の頭にテイク9のカウントの掛け声
 従来のロックンロールと一線を画すコード進行
 高度な和声進行を感覚でやってのけたポール

ストーンズ&マディ 忘れ得ぬ夜 付録4

 マディー・ウォーターズ
 黒人音楽への憧憬
 心の師との対面
 一期一会の共演

 

 ※アルバム『With The Beatles』フル・プレイリスト 

 

 

 

筆者のビートルズKindle本

 

読み放題対応!登録後1ヶ月は無料

(1ヶ月手前で辞めるのもOK)