或る物書きの英語喉と小説まみれのジャズな日々

  英語喉とジャズと小説をこよなく愛し、映画・アニメ・漫画・R&B・70年代ロック・Suchmosなどに眼がない或る物書きが綴る

ビートルズ「ドゥユーウォントトゥノウ… 」はエプスタインのリアルおっさんずラブ?

Sponsored Link Advertising

  

ビートルズ画像

 

 Contents

 

Sponsored Link Advertising

 

   

夢見心地のラブソング

 

ビートルズのデビューアルバム『プリーズ・プリーズ・ミー』の中でジョージ・ハリスンがボーカルを取っている「ドゥ・ユー・ウォント・トゥ・ノウ・ア・シークレット」は甘いメロディアスでミステリアスなラブソングだ。

 

ジョージのハスキーながらも潤いのあるボーカルは、深い味わいがあり、ジョンが書いた夢見心地のような繰り返しのメロディは、病みつきになる要素を持っている。

 

Sponsored Link Advertising

    

  

ジョージが歌う、ジョンが作った曲

 

 

この曲を作ったのは実はジョージ・ハリスンではなく、ジョン・レノンである。そしてこの「シークレット」は実際に存在する「秘密」であり、彼らと関係がある人物の「ある事」を指していた。

 

その秘密の主は誰なのか?

それは、ビートルズのマネージャーであるブライアン・エプスタインだった。ジョンが人に言いたくても言えない、マネージャー・エプスタインの恋の秘密を指していたのだ。

 

その秘密とはブライアン・サミュエル・エプスタイン自身のセクシャリティに関係している。順を追って語ることにしよう。

 

ビートルズ画像

ビートルズとエプスタイン(手前)ジョージ・マーティン(右端)

 

ジョン・レノンが初婚の相手シンシアとパウエルと結婚したのは1962年8月23日のことである。(ただし、これからビートルズを売り出すタイミングであったので、シンシアとの結婚の事実は数年の間公表されなかった)

 

結婚当時、まだまだビッグ・マネーを稼ぎ始める前であったジョン・レノンに、マネージャーのエプスタインが住居(アパートメント)を譲った。

 

と言っても、エプスタインが居住している場所ではなく、彼が恋人と会うために利用していたアパートメントだった。なぜ秘密かというと、その恋人は男性であった。

 

ジョンはそのことに関して、胸中を交錯する様々な感慨を歌に託したのだ。今で言えば「おっさんずラブ」のようなものである。

Sponsored Link Advertising  

  

隠れ家の密会

 

当時の英国ではゲイは違法であり、犯罪者扱いされたのである。だから隠れ家のような場所で、密会的に逢瀬を重ねていたのだ。(その後、ゲイは合法化されている)

 

そしてまた、エプスタインとジョンに関して虚々実々の様々なエピソードが流布されていて、信憑性を欠くものも多い。

 

ポール・マッカートニーやジョージ・ハリスンの証言によれば、ジョンはエプスタインに少なくともプラトニックな恋愛感情を抱いていた時期があるのは間違いないようだ。エプスタインの方が、より強くジョンへの想いを秘めていたことも。

 

ヨーコ・オノが2015年頃にインタビューで発言していた内容によれば、自分もジョン・レノンもバイセクシャリティ自体には肯定的であったが、異性で愛するに足る存在に出会っていなかったということだ。

 

ビートルズ画像

ジョンとヨーコ

Sponsored Link Advertising  

   

エプスタインの矜持

 

ヨーコによると、ジョンとエプスタインの関係についてジョン自身が語った内容としては、エプスタインにその気はあってもジョンにはそこまでの勇気、あるいはエプスタインに魅かれる気持ちがなかったので、性的関係には至っていないということだ。

 

一方、エプスタインはビートルズの4人との平等な関係性や彼らの将来の展開に慎重に配慮して、無用な疑惑を抱かれないようにマメージャーとしての関係性を超えないよう自分を律していた面も見受けられる。

 

これはエプスタインのストイックな一面とも言えるだろうし、マネジメントの責任を持つ者としての矜持とも考えられる。

Sponsored Link Advertising  

  

映画にもなったジョンとエプスタインのスペイン旅行

 

ジョン・レノンがセクシャリティは別として、ブライアン・エプスタインを友人として敬愛していたことは間違いない。

 

またそれはビートルズの他のメンバーも同じだった。だからエプスタインの急逝は彼らに大きい衝撃を与え、途中だったインド旅行を中止してロンドンに戻ったのである。

 

ちなみにエプスタインの死因はアスピリンの過剰摂取であるらしい。自殺を疑う説もあったが、現在では起こりうるアクシデントであると認識されている。

 

ビートルズ画像

ジョンとエプスタイン

 

Sponsored Link Advertising  

  

ジョンとエプスタインが、二人でスペイン旅行へ行ったことは公然の事実であり、それをモチーフとして映画も作られている。1991年のアメリカ映画で、原題「The Hours and Times」邦題は「僕たちの時間」である。

 

イアン・ハート扮するジョンと、デイビット・アンガス扮するエプスタインのスペイン旅行の道中を、想像を交えて描いた作品だ。

 

フィクションではあるが、エプスタインがジョンへの想いとビートルズの輝かしい将来との狭間で煩悶苦悩するという、これぞまさにリアル「おっさんずラブ」とも言うべき内容だ。

 

 

※『Please Please Me』フル・プレイリスト

筆者のビートルズKindle本

 

読み放題対応!登録後1ヶ月は無料

(1ヶ月手前で辞めるのもOK)