或る物書きの英語喉と小説まみれのジャズな日々

  英語喉とジャズと小説をこよなく愛し、映画・アニメ・漫画・R&B・70年代ロック・Suchmosなどに眼がない或る物書きが綴る

英語喉ラジオ「オハイオの青年ウィルに大阪駅から直撃インタビュー!」

Sponsored Link Advertising

 

過去にも登場したオハイオ州の、真面目な日本好き青年であるウィルのエピソードだ。ウィルとはちょくちょくスカイプで、お互いの学習原語を教え合ったり、シリアスな話や家族の話など、様々な話をしていた。MASA RADIOも複数回収録した、シャイで真面目な心優しき青年だった。

 

旗画像

Sponsored Link Advertising  

 

~ 英語ネイティブ交友録 Will (Ohio, United States)  ~ 

 

「英語喉ラジオ」とは2011年頃、筆者が大学卒業以来の英語再学習を「英語喉」で始め、ほどなく開始した「MASA RADIO」というポッドキャストで、ネイティブをゲストに迎え、英語学習駆け出しの筆者が英語でインタビューするチャレンジ企画だ。

 

ある時、筆者が休日の昼間に外出中で、通過点の大阪駅で電車を待っている時にウィルとスカイプで話していて、彼はこんなことを言った。

 

数人のオンラインフレンドの中で、日本人ではない英語圏の人間なのに、非常に日本語が上手な人に出会ったらしい。

 

ウィルはおおいに触発を受けたようだった。

 

シャイで純朴なウィルにだって、いつか日本に来て結婚し家族を作りたいという野望がある。だから日本語の上手い英語圏の人間に出会うと、羨ましく、また自分のモチベーションも上がるということだ。

 

※ウィルとの他のエピソード

www.eigonodogutman.com

Sponsored Link Advertising  

 

じゃ、その辺の話題でMASA RADIOを録っちゃおうかと筆者が提案したら、すぐ乗ってきた。

 

その時のセッションはこれだ。

筆者はその時、英語喉による英語再学習開始から7ヶ月めで、我ながらまだまだ初々しい(?)。

ではどうぞ聴いて頂きたい。

 

audioboom.com

※箸休めに人気コラムを!

www.eigonodogutman.com

Sponsored Link Advertising  

 

大阪駅のコンコースで録っていたので、アナウンスや騒音が多いが、そういうノイズの中で聴き取る訓練として視聴するのもよいかも知れない。

 

 

筆者の場合、ほとんが屋外で収録した。道路を歩きながらや、公園のベンチに掛けてなど、バックに様々な音や人の声、車の音がたいてい入っている。

 

クリアに録音された教材もよいだろうが、リアルな生活音のの中で響くネイティブの自然な英語を聴けるので、そういう意味ではMASA RADIOが英語学習に役立つ面もあるかも知れない。

 

 

※英語喉メソッドについて

ネイティブの実際の発音方法と、そこで発生するさまざまな音声現象に関しては、日本で唯一の根本的で普遍的なスタディガイド「CD付 英語喉 50のメソッド」(上川一秋&ジーナ・ジョージ著)を参照して欲しい。

副読本「機関銃英語が聴き取れる!-リスニングの鍵はシラブルとビート」は3ビートに特化してビギナーにわかりやすいよう書かれていて、一読するだけでも聴き取りの向上を体験できる可能性がある。

    

英語喉著者上川氏は、アメリカ生活を通して得たネイティブ英語の話し方を、英語学習史上初めて解説した、型破りなKindle書籍が下記の二冊だ。

冠詞や定冠詞の、学校では習えないネイティブの認識方法や、英語の発話の仕方に踏み込んで書かれていて、画期的という表現すら陳腐に感じる凄い本だ。 

     

第3の副読本として、物語を楽しみながら「英語喉」が理解できる筆者MASAのKindle版英語喉小説「喉の旅 上: 英語喉メソッド誕生秘話 (或る物書きのジャズな文庫)  」も参考になるだろう。

〜 英語喉関連書籍 〜