或る物書きの英語喉と小説まみれのジャズな日々

  英語喉とジャズと小説をこよなく愛し、映画・アニメ・漫画・R&B・70年代ロック・Suchmosなどに眼がない或る物書きが綴る

十年一日の如き「アンチ英語喉」の実態!笑止千万のカスタマーレビュー

Sponsored Link Advertising

 

筆者のKindle版小説「喉の旅 上」に待望の初レビューがついたので、読んでみたら大爆笑してしまった。

 

 

 

アンチ英語喉の輩であったが、あまりに浅知恵溢れる書きざまに気の毒になった。まさに十年一日であり、彼らの戦略も昔から進歩していない。

 

評判を下げたいなら、せめてもう少し知性が感じられる文章にしないと、効果など出ないのにと敵ながら心配してしまう。

 

筆者が、がんがんMASA RADIO等を発信していた2011~2012年も、アンチの雑音が酷かった。 

Sponsored Link Advertising  

  

無論、それ以前の上川カズさんに対するものはもっと酷かった。筆者も論戦に参戦して論破した相手に逆恨みをされて、しばらくの間繰り返し嫌がらせを受けたことがある。馬鹿なヤツだった。

 

ただし言えることは、アンチは誰一人正面切っての論争には乗って来ないし、自らの音声も誰一人発表しなかった。姑息な輩だった。思い出すのも反吐が出そうだが、ここに来てまたウジ虫のように湧いてきた。

 

下記がその記念すべき初カスタマーレビューだ。

 

『文章も読みづらく、だれが何のために読むのか意味不明ですね。
0円とはいえ、物には限度があるでしょう。
暇人が人の時間を搾取するために編み出した罠ですね。
お金をもらるなら読んでも、というレベル。』 

Sponsored Link Advertising  

  

筆者が礼儀として、初レビューのお礼のコメントを心を込めて綴ったのは言うまでもない。

 

『アンチ英語喉様、待ち焦がれていた初のレビューをご記載頂き、まずは誠に有難うございます。著者のMASAです。

 

批判レビューはあってしかるべきです。しかしながら、現今のネットリテラシーの観点から申し上げると、貴兄のなされたような書き様においては社会通念上「逆効果」であると言わざるを得ません。

 

すなわち、貴兄の品位のかけらもないレビューで英語喉実践者の気が削がれることもなく、筆者の心が折れることも一切なければ、英語喉を知らない方々が素直に「ほーそうなんだ」と思えるような客観性も品格も有していないのが誠に残念です。

 

しかるに、そのレビューが何を生み出したかと言うと、単に「ああこの人は毛嫌いしていて、悪意を持って書いているだけだ」「故意に評判を下げたいなら、もうちょっとましな書き方をしないとダメだな」のような印象を与えるに過ぎなく、まったく意味のない「悪意の空振り」と断じざるを得ません。

 

限りなく浅き智恵のレビューを真っ新のレビュー欄のトップに書かれた貴兄の度胸のみ、いささかの評価の対象となりますが、知性と品格に欠けるレビューをアンチ英語喉の代表よろしく書いてしまった事実は、他のもう少しまともなアンチ諸氏の品性までも道連れにして奈落に降下するが如き行為に他なりません。

 

お書きになった貴兄のレビュー、ならびに貴兄の品格に多くの人が疑問を持ちかねないそのレビューが、半永久的に遺ってゆくことに思い至るとも、あとの祭りと言うのはこういうことだという「証左」になると知るべきでしょう。』 

Sponsored Link Advertising  

  

アンチ諸君、上川一秋もMASAも打たれ強く、貴兄たちのように正面から挑めない姑息で卑怯で臆病で品位に欠ける輩どもは、何の脅威とも感じていないことをここに明言しておこう。

 

さぁ、いくらでもやりなさい。(笑)

 

 

話題のKindle版英語喉小説「喉の旅 上」の購入は

 こちらからどうぞ 

喉の旅 上: 英語喉メソッド誕生秘話 (或る物書きのジャズな文庫)  

 

渾身のネタバレなきKindle版ブックレビューの購入は

 こちらからどうぞ 

或る物書きのジャズな本棚: My Favorite Novels ネタバレなき醍醐味紹介 (或る物書きのジャズな文庫)

 

尚、「kindle unlimited」メンバーの諸兄は、筆者MASAの作品は「読み放題」で読んで頂ける。初回30日間は無料体験ができる。 

「kindle unlimited」登録はこちらからどうぞ。