或る物書きの英語喉と小説まみれのジャズな日々

  英語喉とジャズと小説をこよなく愛し、映画・アニメ・漫画・R&B・70年代ロック・Suchmosなどに眼がない或る物書きが綴る

美しき"英語発音の女王"Yumiさんとの大阪バイブス満開英語対談

Sponsored Link Advertising

 

Yumiさんには「華」がある。帰国子女を思わせる流暢な英語を操り、その風貌たるや浅野温子と松田聖子、そして石田ひかりを足して三で割ったような美人英語講師Yumiさんは、すでに偉大な歴史を刻み、多くのバイリンガルを輩出してきたYumi's English Booy Campの主催者である。

 

Yumiさん画像

https://englishbootcamp.jp/

TOKYO在住、美貌のバイリンガル Yumi さんの輝かしい足跡

 

Yumiさんこと明場由美子さんは英語学習関係に携わって、はや四半世紀に及ぼうとしている。英語学習の書籍も著し、フリーランス通訳・翻訳家であり、英語トレーナーやコンサルタントとしてのキャリアも並大抵ではない。

 

海外経験も豊富で様々な国際イベントに携わってきたYumiさんは、元々はイギリスの出版社の東京支部に勤務した後に独立を果たす。様々な英語習得法を取り入れたEnglish Boot Campを都内に立ち上げ、日本人の英語力向上に尽力する美貌のバイリンガルだ。 

Sponsored Link Advertising  

    

ご自身の確固たる英語力向上のポリシーを持ちながらも、英語喉にも率直な共鳴の意を隠そうともしない彼女に筆者が感じたものは、謙虚さと同時に、美貌とは少々ギャップがあるが、一本芯が通った「覚悟のひと」だということだった。

 

精神的にダイナミックというか肝っ玉が大きいというか、腹が据わったひとなのだ、きっと。

 

果たせるかなその後わかったことだが、色々な社会問題とかが発生した折などに、彼女は度々勇気ある大人の発言を発信されていて、それは現在でも小名jだ。やはり印象通り覚悟のひとだとの確信は正しかった。

 

また、筆者が英語を学ぶ原点とする「英語喉50のメソッド」著者のカズさんこと上川一秋氏とも、折に触れてツイキャスで対談されている。

 

筆者が英語再学習開始5ヶ月目の頃は、彼女はイングリッシュブートキャンプが拡大期であったのか、マスメディアへの露出も多く、引っ張りだこであり人気の美人英語講師であった。ファンも多く、それは今でも変わらないようだ。 

Sponsored Link Advertising  

     

そんな多忙なYumiさんなのに、駆け出しの何処の馬の骨かわからないような筆者のMasa Radioに、実に快くお付き合い頂いた。

 

筆者が当時立ち上げたばかりの以前のブログ(現在は存在しない)に、初めてコメントを寄せて頂いたのもYumiさんであり、恩返し(?)の意味も込めてのMasa Radioへのゲスト招待であった。

   
Yumiさんをゲストに迎えたMasa Radioの初回は、内容は面白かったのだが、いかんせん音声のバランスが悪く、あまり聞きやすくない仕上がりになった。Yumiさんには申し訳のないことをしたと思っている。

 

それでもその回の評判はよかったので、懲りずにもう一度企画すると、Yumiさんはまたも快く引き受けてくださった。

 

筆者も今度こそはと音質面に(当時は今のようによいアプリはなかったので)重々気を使い工夫をして、初回収録から2週間ほど後に、前・後半にまたがる2回目のMasa Radioを収録した。 

Sponsored Link Advertising  

     

これがさらに評判がよく、英語喉実践者の仲間からも賞賛され、ネイティブ友人たちからも、日本人同士が生き生きと英語で対話をしていて、エネルギッシュで面白かったというような趣旨の評価などをもらったのだった。

 

その回はYumiさんにもかなり気に入って頂けたようで、結構長い期間にわたって彼女の当時のブログのトップに「Yumiの英語が聴けます!」として音源が掲載されていたのも、筆者にとって光栄なことだった。

 

Yumiさんの以前からのファンの方々は、きっと聴いた覚えがあると思う。あの音源のインタビュアーは筆者です。

 

そのMasa RadioではYumiさんから筆者が逆質問をされたり、とても楽しく収録出来た。

 

おたがい関西は大阪出身であることも判明し、「天王寺アポロビル」などローカルなネタで盛り上がったりして、到底1回のセッションでは終わらず、前・後半2回の収録となったのである。

 

音質もクリアで良かった。盛り上がったのはきっとお互いの持つ関西バイブスのなせるわざか。大阪出身者の傾向「喋りたがり」だからなのか。いや、それは筆者だけの問題か・・・?

Sponsored Link Advertising  

     

それにしてもさすがYumiさんだと思ったのは、筆者はその頃毎日ネイティブの男女とスカイプで駄弁っていたのだが、その収録中、ともすれば普段にネイティブ女子と駄弁ってる時の感覚に陥ってしまった。恐るべし、海外経験も豊富なYumiさんである。

 

その当時、彼女のブログへのコメントにも書いたことだが、日本のトップバイリンガルの一人であるYumiさんにインタビューするのは楽しくもあり、筆者なりに緊張もした。

 

にも関わらず話すうちにネイティブ友人とオーバーラップし、いつしかリラックスできたものだ。

では、Yumiさんとの2回目のMasa Radio、まずは前半からどうぞ。

 

audioboom.com

 

前半は大阪のローカルネタで盛り上がった。

後半はスケールが拡大する。ではどうぞ。 

 

audioboo.fm

Sponsored Link Advertising  

    

大阪を飛び越え、広い視野で大きく構えて世界について語り合った。さすが大阪ゲノムを共有する我々だ。

 

彼女の代表的な著作はこちらだ。ネーミングも装丁もおしゃれで、気軽に学べそうな雰囲気が醸し出されている。

 

 

Yumiさんの現在のブログはこちらだ↓

英語発音クリニック | Yumi's English Boot Camp

英語学習者にわかりやすく解説されていて、とてもためになるし、コンスタントに更新もされている。要チェックである。

 

昨日、Yumiさんに、筆者が彼女のコラムを書いていて本日公開する旨のメッセージを送ったら、さすが「覚悟のひと」だ、細かいことなど一切聞かずに「楽しみにしてます〜」との返信を頂いた。

 

Yumiさんは今もエネルギッシュに活動されていて多忙そうだが、機会があればまた英語対談をさせて頂きたいものだ。