或る物書きの英語喉と小説まみれのジャズな日々

  英語喉とジャズと小説をこよなく愛し、映画・アニメ・漫画・R&B・70年代ロック・Suchmosなどに眼がない或る物書きが綴る

今すぐ使える生きた英語!第8回 (最終回)英語ネイティブ頻出言い回し集

 

誰も教えてくれない「英語ネイティブスピーカーが普段よく使う言い回し」を、筆者MASAの100人を超えるネイティブとの交流経験を元にセレクトして紹介するシリーズだ。今回で8回目となるがひとまず最終回となる。3回分ぐらいの内容を詰め込んだ特盛回でもある。

 

イラスト男女

イラスト:作 雪猫さん(ブログ仲間)

 

  Contents

Sponsored Link Advertising

  

I'm like   ~

 

「私はこんな感じかな」と言って感想とかリアクションを言う・・・みたいな感じで、自分の感じてることや過去に感じたことを表現する場合にいつでも使える。

 

I'm like, "Oh my God!" 

わたしは「えぇっなんてこと!」って感じよ。

 

I’m like, "I do NOT know." 

僕は「知りません!」って感じです。

 

過去のことなんかは、とにかく I was like  と言ってしまってから考えたり、思い出したりしても良い。

 

I was like..."God! I love this food!"


When I listened to her song for the first time, I was like, "Wow, I really love her music!"

 

非常に使いやすくて便利ない冒頭のフレーズなので、I'm like, I was like でバシバシ感想を伝えてみよう。

Sponsored Link Advertising  

  

It's called ~

 

これは何かについて話している途中で、補足の説明を足したい時に使える言い回しだ。

会話に限って言えば、どこに突然入れても問題ないと思う。一旦言い終えてから付け足してよいのだ。

 

You know I like the Japanese cellphone. It's called Keitai.

I used to listen to that kind of Jazz music... mixed with other sorts of music like rock or such. It's called Fusion.

 

口語なので、文法的に文章が一貫していないといけないという考え方とは距離がある。むしろ後からアドリブで喋って付け足すのだから。

 

ともかく言ってしまってから補足して、会話の内容に彩りをつけよう。 

Sponsored Link Advertising  

  

Let's

 

これも非常に親しまれてる言い方だが、ここでは少し意味が加わる。

一般的な使い方は Let's go together!  とかで「さぁ、一緒に~しましょう」との呼び掛けだが、これを会話の流れの中で使うと、相手との一体感、親近感を醸し出せる。

 

This issue is very important... so let's talk about it. 

~~~. Let's think anout ~~

~~~. Let's go on the topic!

 

相手をLet'sで巻き込んで、親しく会話を繰り広げよう。

Sponsored Link Advertising  

  

extremely

 

「極めて」の意味を持つ副詞で、取り立てて何かを強調したい時にその言葉の前に付けるだけで、あらゆることが強調できる。

 

His impromptu speech was extremely awesome!
あいつの即興スピーチもの凄く良かったで!
 
It's extremely cold today.... 
ゲキ寒やん、今日・・・
 
That movie is extremely cool!
あの映画めっちゃめちゃいいよ!
 
 
などと、強調してみよう。

Sponsored Link Advertising  

   

be able to ~

 

これ自体は誰もが知っている表現だが、これも日本語から訳してしゃべっている限りは、会話で使う機会が少ない表現のひとつだ。

日本語から入るとどうしても can を使い勝ちになるが、be able to は能力や許可以外でも色んなことに使える感じだ。言ってしまえば、どんなことでも使えるぐらい応用範囲がとても広い表現なのだ。

 

例えば

Were you able to sleep? 

良く眠れた?

 

I was able to go to work. 

仕事に行きましたよ。 

みたいに普通に使える。また先のことでも使える。

 

I'm going to be able to join you for dinner tonight!

今夜あなたとディナーに行けそうですよ!

 

なので、 be able to をいろいろと応用してみよう。

Sponsored Link Advertising  

  

There is this 〜

 

こんな~があるんですよ・・・・ みたいな感じで使う。

この表現も日本語から訳して話そうとしても、なかなか出てこない表現のひとつだ。

 

例えば

There is this concept that...

こんな考え方があります・・・

 

There was this topic that ...

こんな話題もありましたね・・・

 

I think there is this episode ...

そうそうこんなエピソードがあります・・・・

 

全て頭で考えてから言うのではなく、とりあえず There is this ~ と言ってしまってから喋るみたいなのが良いようだ。

会話なので当たり前だが、全てを頭の中で整理してしゃべるのは無理がある。

喋りながら、言い間違ったり思い違いに気付いたらその場で訂正すれば良い。喋りながら整理できてくる場合もある。

 

ネイティブのようにとりあえず There is this ~ と言ってしまってから、喋り始めてみよう。

Sponsored Link Advertising  

   

For one to 〜

 

私(あなた、彼、その他誰でも)が~するためには・・・・と言いたい時に簡単に使える言い回しだ。文を全部言わなくてもいいから便利だ。

 

例えば

For me to get there in 5 minutes...

そこに5分以内に着くにはね・・・

 

For you to meet me at 4 o'clock...

4時に私と会いたいなら・・・

 

For them to understand English...

彼らが英語を理解するためにはね・・・

 

For me to speak with you frankly, I need to...

きみと正直に話をするためには、僕に必要なのは・・・

 

For her to come to America, she should at first...

アメリカに来るつもりなら、彼女はまず・・・

 

このように使ってみよう。

Sponsored Link Advertising  

  

And ~

 

相手の話の途中で、かぶせるように自分の予想や感想を言うとき使えるのが And。

 

I lived in Mexico for a couple of years.... And you can speak Spanish!

 

These days Ben has been depressed for some reason... And you asked him to go and get liquored up.

 

I really want to get my health back.... And you decided to quit smoking.

 

てな感じで、ずけずけと予想して言ってみよう。

Sponsored Link Advertising  

   

try to  ~

 

これも会話なら、ほとんどいつでも使えるって感じの言い回しだ。非常に使いやすい。

 

例えば・・・

In my Masa Radio, I'm trying to interview not only native English speakers but also some Japanese English leaners. 

 

While I stayed in Mexicco, I tried to learn Spanish.

 

Let's try to talk about this topic.

 

Hey, try to speak in English!

 

などなど、自由に使ってみよう。

Sponsored Link Advertising  

   

basically  ~

 

これはCNNのインタビュー番組とかを聴いてるとほんとによく出くわす。

「基本的に~」 の意味で、特に何らかの専門家が出てきたときにコメントのしょっぱなによく言っている。

 

これも出だしでも途中でも使える。

 

Basically our business focuses on...

 

I think basically the problem is ...

 

This theory basically concerns the idea that he thought of ...

 

注意点としては、日本語の「基本的には」は「基本的には~だけど、実際は~だ」と言う逆説ニュアンスが含まれることがあるが、英語の basically は純粋に「基本的に云々」と言う場合に使うのだ。

 

この言い回しは使える機会が多いので、どんどん使ってみよう。

Sponsored Link Advertising  

   

at least  ~

 

これも会話では、本当によく出てくる言い回しだ。「少なくとも~」「せめて~ぐらいは」のニュアンスで使われる。

 

At least you should listen to his opinion.

せめて彼の意見を聞くだけは聞いとかなくちゃ。

 

I've got to take off at least in 5 minutes!

5分以内にはここを出なあかん!

 

At least you should finish your homework before you go to bed. 

寝る前に少なくとも宿題ぐらいは済ませておきなさい。

 

てな感じで、がんがん使ってモノにしよう。

Sponsored Link Advertising  

  

Suppose ~

 

喋り出しのアタマに持ってくると「~としたらどう?」「もし~だったらと考えてみなさいよ」「~と思ったら」みたいなニュアンスでシンプルに使える。

 

文法的には命令形だが、実際は命令というよりも何かを仮定あるいは想定するために言ってる感じである。

 

Suppose he fails to keep his word.... What should we do?

 

Supose this idea doesn't work.... Can you try more?

 

Supose you were the president. How should you work on that issue?

 

補足すると・・・Supose 以下は that 節と考えて基本的に現在形で良いと思うが、それが現実的にありえない想定の場合、最後の例のように仮定法的過去として言われる時もあるようだ。

が、あまり気にせず、会話なので、現在形でいいと思う。

ともかく想定して、問い掛けてみよう。

Sponsored Link Advertising  

  

~ NOT ~

 

何かを否定する場合に普通に流すときは I'm not ~だとしたら、特に強調したい時には "nahhht" 、つまり「ナア~ト」みたいな感じで言うと意味が強まる。

 

例えば

He did NOT know that ~

 

"Hey, how's it going?" "I'm NOT feeling well."

 

I was NOT going to  ~

 

"Have you seen that movie ?" "No, I have NOT seen it."

 

否定を強調したい時に使ってみよう。

Sponsored Link Advertising  

  

 I'm  ~ing

 

これも非常に平易な言い方で、まず話すきっかけが作れる言い方。なんでも言いから行ってしまえばいいのだ、今、進行中のことを。

 

例えば

I'm driving ...

 

I'm seeing a train goes by

 

I'm having a good time

 

I'm thinking that ~

 

I'm living in the United States.

 

勿論自分以外のことでもいい。

 

The company is making lots of money....

あの会社ボロ儲け中やで・・・
 

My wife is cooking ...

 

He is walking around there to .... 

 

こんな感じで、語り始めに進行形で始めてみよう。

Sponsored Link Advertising  

  

Maybe

 

これはあまりにも有名な、会話の王道的な冒頭の言葉だ。いきなり意見を切り出すのが躊躇われたり、断定的に言いにくい雰囲気の場合の緩衝材になる。

 

「多分・・・」「おそらく・・・」「ひょっとしたら・・・」的に使えて、他にはProbablyやPerhapsも同趣旨だがこのMaybeがもっともカジュアルに使いやすい。いずれもアタマに付けるだけで、トーンを和らげることが出来る便利な言葉。

 

例えば

Maybe your idea would be awesome!

おそらくあなたの考えは素晴らしいと思う!

 

Maybe you'd better take off now.

多分、今すぐ行った方がいいんじゃないかな。

 

Maybe it's going to rain.

多分だけど、雨が降りそう。

 

頭に付けて和らげておいて、自分の言いたいことをズケズケ言ってみよう。

 

とりあえずこれにて一旦このシリーズは打ち止めにする。今回は3回分ぐらいの内容を盛り込んだお徳用の回だった。(笑)

 

なお、このシリーズはまた復活するかも知れないので、その時はまた遊びに来て欲しいと申し上げておく。

 

最後にこのシリーズのバックナンバーを掲載しておこう。

ソッコー使える生きた英語!第1回 英語ネイティブ頻出言い回し集

ソッコー使える生きた英語!第2回 英語ネイティブ頻出言い回し集

ソッコー使える生きた英語!第3回 英語ネイティブ頻出言い回し集

ソッコー使える生きた英語!第4回 英語ネイティブ頻出言い回し集

ソッコー使える生きた英語!第5回 英語ネイティブ頻出言い回し集

ソッコー使える生きた英語!第6回 英語ネイティブ頻出言い回し集

ソッコー使える生きた英語!第7回 英語ネイティブ頻出言い回し集

 

 

www.eigonodogutman.com