或る物書きの英語喉と小説まみれのジャズな日々

  英語喉とジャズと小説をこよなく愛し、映画・アニメ・漫画・R&B・70年代ロック・Suchmosなどに眼がない或る物書きが綴る

心の奥底を突き動かす音楽には命の躍動が宿っている

素晴らしい音楽が、聴く者の心を揺さぶる理由は命の躍動が宿っているからだ。ひとつひとつの音に籠められた、音という「いのちの叫び」に感応するからだ。もちろんそれを表現するための技術・表現力・センスを伴う総合芸術が音楽だ。

全米チャート上位5曲を独占!?初期ビートルズ空前絶後の大快挙の顛末【全曲公式動画URL付】

1964年2月ビートルズが初登場したエドサリバンショーは視聴率70%超を獲得し真の神回となった。そして4月4日付ビルボード誌ホット100においてアメリカ国民は1上位5曲をビートルズが独占すると言う、まさに空前絶後の大快挙を目の当たりにした。

ビートルズの世界進出への大いなる助走こそ2ndアルバム・ウィズ・ザ・ビートルズ

ビートルズ2ndアルバムは12月7日、30週連続トップを維持した自分たちの『プリーズ・プリーズ・ミー』を押しのけ全英ヒットチャート1位を獲得し、翌1964年5月まで21週間連続で1位の座を守り、ビートルズの世界進出への大いなる助走となった。

ビートルズによって日本で無名だったチャックベリーはロックンロールの神様に昇格!

チャック・ベリーは1964年当時は多くの人達が知らなかったはずなのに、ビートルズのおかげでまるで記憶を塗り変えられるように超一流ロックンローラーとなり、やがてチャック・ベリーは日本では「ロックンロールの神様」に祭り上げられるに到るのである。

ビートルズ名曲誕生秘話の集大成『Read The Beatles Special Edition』

これまで筆者が発刊した、ビートルズ名曲誕生秘話集シリーズ1〜3巻をまとめた集大成版Kindle本を発刊した。シリーズはまだ続くが、現時点までの1〜3巻分を一堂に会しただけでも、相当な分量になった。目次だけでも半端ないが、参考に紹介しておく。

ビートルズ革命の狼煙を上げたアルバム『プリーズ・プリーズ・ミー』の秘話集を発刊【エンタメ】

筆者のKindle本としては通算11作目になる「Read The Beatels」シリーズの 第3弾<Read The Beatles Please Please Me Edition: ビートルズ・デビュー・アルバム 『プリーズ・プリーズ・ミー』制作秘話集 【楽曲公式動画URL掲載】>が発刊されたので、ここで…

パリ1964年1月29日、それはビートルズによる世界音楽史の上書きが始まった日

1964年はビートルズにとって世界進出を本格化した、まさに世界の音楽史を上書きし始める年であった。1月はフランスのパリ、2月はアメリカ遠征、デンマーク、オランダ、英連邦各国におけるコンサート、8月にはアメリカ・カナダの北米ツアーを敢行した。

【最新】アーリー・ビートルズ秘話一覧<時系列バージョン> 1962年11月〜1963年11月

ビートルズに関するコラムを書き始め、これまで合計32本のコラムを書いた。エピソードはその時点だけではなく後の出来事に繋がっていて、並べ直すと違った読み方ができる。初期のビートルズ秘話もかなりの数になってきたので、一度時系列的にまとめてみた。

ポールがリンゴのために書いたビートルズ曲はローリングストーンズの出世も後押しした

ローリング・ストーンズのデビュー・シングル「カム・オン」はイギリスで1963年6月7日にリリースされた。これはチャック・ベリーのカヴァー曲であった。彼らはこのデビュー曲ぼ選択には、いささか不満があった。彼らはロックンロール以上にR&Bに心酔していた…

ビートルズ・ジョージハリスン初のオリジナル曲ドントバザーミーは体調不良が生んだ?

1963年の夏も終盤、体調不良のため安静にしているジョージ・ハリスンの元をレノン/マッカートニー名義の著作権を管理する「ノーザン・ソングス」をビートルズのマネージャーであるブライアン・エプスタインと設立した人物ディック・ジェイムスが訪れた。

ケネディ暗殺の日2ndアルバムを出したビートルズは希望を失う米青年達の心を救った

ビートルズのセカンド・アルバムがリリースされたのは1963年11月22日である。同じ日にアメリカと日本では衛星中継によるテレビ電送実験がおこなわれ、ケネディ大統領からの祝辞が届くはずであったが、海を越えて伝えられたのは驚くべき事件であった。

ビートルズ「イット・ウォント・ビー・ロング」勢いMAXリラックスなロックンロール

ビートルズの「イット・ウォント・ビー・ロング」はアルバム『ウィズ・ザ・ビートルズ』の最初の曲であり、勢いはフルスロットルなのにやけにリラックス感があり、若いのにレイドバック感がある「これぞビートルズ・サウンド」とも言うべきロックンロールだ。

ビートルズ「オール・マイ・ラヴィング」は演奏力とポールの作曲力が炸裂して生まれた

「オール・マイ・ラヴィング」はビートルズの2枚目のアルバムの中でとりわけ完成度・人気・評価が高いモンスター・チューンで、ポール・マッカートニーの桁外れの作曲の才能と、メンバーの楽器演奏力、アレンジスキルが組み合わさった典型的な見本でもある。

ビートルズ「ドゥユーウォントトゥノウ… 」はエプスタインのリアルおっさんずラブ?

ビートルズのアルバム『プリーズ・プリーズ・ミー』でジョージ・ハリスンが歌う「ドゥ・ユー・ウォント・トゥ・ノウ・ア・シークレット」はメロディアスなラブソングでジョンの作だ。言いたくても言えないマネージャー・エプスタインの恋の秘密を指していた。

ビートルズ第四の歌い手リンゴ・スターの存在を知らしめた名曲たち【動画URL付】

バンドの中でドラマーは楽器の性格上、一般的にはボーカルを取ることが少ない。これはドラマーとしての宿命だ。リンゴ・スターもボーカルを取ることは少なく、コーラスへの参加も少ない。しかしボーカル技術的なものというより声質的なものによるところが多…

ビートルズ革命の黎明を告げた楽曲プリーズ・プリーズ・ミーは録音前はバラードだった

ビートルズのセカンド・シングル「プリーズ・プリーズ・ミー」は「ビートルズ」というスケールの大きい音楽・カルチャー革命の幕開けを告げた。実はこのアップテンポの名曲は元々はバラードだった。ジョージ・マーティンの助言でテンポを変え、大ヒットした。

ジョンの魂の叫びよ永遠に!原曲を遥かに凌駕したツイスト&シャウトは一発録りだった

ビートルズのデビューアルバム『プリーズ・プリーズ・ミー』の、わずか1日しかなかい収録の最終段階で、奇跡的な一発録りで秀逸なカヴァーが生まれた。アイズレー・ブラザーズのヒット曲「ツイスト&シャウト」だが、原曲を遥かに凌駕する出来栄えとなった。

劈頭からビートルズの生声で始まりロックンロールの新大陸を見せつけた初期アルバム群

デビューアルバム『プリース・プリーズ・ミー』の劈頭を飾る「アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア」は、ビートルズを初めて聴く多くの者の心を鷲掴みにしたのは間違いない。何が洒落ているかって、いきなり若きポール・マッカートニーの弾むような生の…

世界を塗替えたビートルズデビューアルバムはたった1日で録音された!

ビートルズのデビューアルバム『プリーズ・プリーズ・ミー』は1963年4月にイギリスでリリースされ、翌月に全英ヒットチャートのトップに躍り出て以降、30週に亘って首位を独占した。このアルバムはなんと僅か1日、約13時間で収録された。それにも関わらず、…

ビートルズ『アビイ・ロード』制作秘話の数々を集大成!楽曲を聴きつつ楽しもう

アルバム『アビイ・ロード』はエンジニアのジェフ・エメリックとプロデューサーのジョージ・マーティン無くして生まれなかった名盤だ。アルバム『アビイ・ロード』にまつわる興味深いエピソードや、謎のまま語り継がれていることが色々と存在するが、昔は情…

ビートルズ『アビイ・ロード』 元タイトルは最高峰を意味する『エヴェレスト』だった

「ビートルズ」の『アビイ・ロード』には「エヴェレスト」という「元タイトル」があった。ビートルズにとって12枚目のアルバムである。1967年8月にマネージャーのブライアン・エプスタインが急死してから、求心力を失ったビートルズは『ホワイト・アルバム』…

ポール・マッカートニーの「人類融和」の名曲で英語喉を体感しよう!

「Ebony and Ivory」という名曲がある。Ebonyは黒檀、Ivoryは象牙を指す。転じてピアノの黒鍵と白鍵を意味する。1982年にポール・マッカートニーとスティービー・ワンダーのデュエットで発表された曲だ。 お察しの通りこれは白人と黒人(及び有色人種)…

ビートルズ・ジョージの最高傑作「サムシング」はレイチャールズをイメージして作った

『サムシング』をジョージ・ハリスンのビートルズ時代の楽曲の中で最高作に位置付ける人は多い。レノン・マッカートニーも含めた中でも、一番に挙げる人も多い。ビートルズ・ファンのみならず、その傾向があるようだ。マイケル・ジャクソンはビートルズの曲…

ビートルズ『オー!ダーリン』は稀有なる極上ロッカ・バラード【アビイ・ロード秘話】

ビートルズのアルバム『アビイ・ロード( Abbey Road )』の4曲目、『オー!ダーリン』は世の中のロッカ・バラード系の楽曲の中で、間違いなくトップクラスの秀逸な楽曲だ。ロッカ・バラードは最近はあまり使われないので、少し補足しておこう。

ビートルズ「アビイロード」名曲ビコーズはベートーヴェンとヨーコなくして存在しない

ビートルズの曲の中で、ハーモニーがもっとも美しい曲とされる『アビイ・ロード』の『ビコーズ』は、ジョン、ポール、ジョージの3人がジョージ・マーティンの和声アレンジのもと、オーバーダビングを2回重ねて9声の完璧なコーラスラインを成立させたのだ。

ビートルズ「アビイ・ロード」ゴールデン・スランバーの元ネタは4世紀前の子守唄

ビートルス『アビイ・ロード』のB面メドレーの中にある『ゴールデン・スランバー』の元ネタはなんと400年近く前に作られた子守唄なのだ。シェイクスピアと同じ時代に生きたトーマス・デッガーという英国の作家の喜劇の中で歌われた子守唄なのである。

ポールを黙らせたビートルズ・アビイロードのジョージの名曲ヒア・カムズ・ザ・サン

ジョージはエリックのアコースティック・ギターを借りて、カポタストを7フレットにセットした。それを見てエリックはちょっと驚いた顔をした。「そんなハイポジションにカポタストをつけるのかい?」「聴けばわかるさ」ジョージはウインクしながらそう返す…

ビートルズ「アビイ・ロード」最後の曲ハー・マジェスティで際立つポールの茶目っ気

アルバム『アビイ・ロード』の最後の曲『ハー・マジェスティ』は「女王陛下」を茶化した内容だ。なにせ女王陛下は可愛い素敵な娘だと歌い、いつかものにしてやるなどと歌うのだから日本では考えられないことだ。いくらユーモアとウィットを愛する国でも、さ…

アビイ・ロード(ビートルズ)のカム・トゥゲザー盗作騒動の真実と顛末を総括

アビイ・ロード50周年記念版がUKチャート1位を飾り世界を驚かせたビートルズ。1曲目カム・トゥゲザーは半世紀を経ても色褪せない名曲だが、その盗作騒動の中途半端で真実を伝えていない情報が散見されるのに憤慨した。ここらで真実を確認し総括しよう。

ビートルズ・アビイロードThe Endの初ギターソロ回し&ドラムソロの万感の響き

先日、50周年記念エディションの再発盤『アビイ・ロード』がUKチャートのトップを飾って音楽ファンを驚かせたが、それは単に話題性だけでそうなったのではなく、改めて聴く者にとって、純粋に音楽性とクオリティの高さが並大抵ではないからこそ起こった出…

完録動画付き改訂版!ローリング・ストーンズと名付け親マディ・ウォーターズ伝説の一期一会ライブ!ミック・ジャガーのソウル溢れるブルース

ローリング・ストーンズのバンド名のネーミングは、シカゴブルースの大御所であるブルースマン、マディー・ウォーターズ(Muddy Waters)の曲、"Rollin' Stone" にちなんで付けられた。命名したのはバンドの初期のリーダーであったギタリスト、後に脱退し非…