或る物書きの英語喉と小説まみれのジャズな日々

  英語喉とジャズと小説をこよなく愛し、映画・アニメ・漫画・R&B・70年代ロック・Suchmosなどに眼がない或る物書きが綴る

英語喉は200年間誰しも気づかなかった根本的なスピーキング法だ。

ネイティブ英語喉発音の要「深掘り母音」を掘り下げる!音声補足付き

前回の「深掘り母音」(筆者が命名)に言及したコラムが、思いの外アクセスが多かった!このブログのメイントピックのひとつとして英語喉関係のコラムを続けているが、有難くも「英語喉」に興味を持ち始めたと言ってくださる読者が増えているので、音声での…

英語喉が気になる人必読!深掘り母音i&uはネイティブ発音に不可欠

cut の u や kiss の i は、残念なことだが普通の日本人の発声法では、到底出ない音だ。喉の根元で軋ませるように響かせる深い母音なのだ。誰でもできるが日本人は口発音が基本なので、喉発音に親しむための少しのエクスサイズは必要だ。 弱い母音?曖昧母音…

第4回 ネイティブの「生きた英語」頻出言い回し集 英語喉発音解説付き

誰も教えてくれない、英語ネイティブスピーカーが普段によく使う言い回しを、筆者の経験を元にセレクトして、英語喉的解説も加えて紹介するシリーズの第4回目だ。 生きた英語頻出言い回し4: the question is ~ 「質問はですね・・・」と言う感じで切り出…

「英語喉」上川氏と筆者 最初の公開英語対談2011広島

2011年7月、筆者は英語喉の歴史にとって記念すべき、このうえなく刺激的な「英語喉広島集会」に馳せ参じた。参加者は「英語喉50のメソッド」著者上川一秋氏、現役ドクターにして語学ヲタク通称龍(ロン)さんや、国内最強の英語話者長崎の雨さん、そ…

第3回 ネイティブの「生きた英語」頻出言い回し集 英語喉発音解説付き

学校では学べない、実際に英語ネイティブが日常生活でよく使う言い回しを、筆者自身の実体験からセレクトして、英語喉的解説も加えて紹介するシリーズの第3回目だ。 生きた英語頻出言い回し3:many people do NOT know ~ 「あまり知られてないけど実はね…

第2回 ネイティブの「生きた英語」頻出言い回し集 英語喉発音解説付き

教科書なんかに載っていない、現代を生きる英語ネイティブが普段からよく使う言い回しを、筆者自身の経験を通して選んで、紹介していくシリーズの第2回目だ。 生きた英語頻出言い回し2:one's job is to ~ これは非常に便利な言い回しだ。 彼の役割は・・…

第1回 ネイティブの「生きた英語」頻出言い回し集 英語喉発音解説付き

学校の授業ではなかなか習えない、今を生きる英語ネイティブ達が日常で普通に使う言い回しを、筆者自身の経験を通して選び、紹介していくシリーズの第1回目だ。 生きた英語頻出言い回し1:there is going to be ~ これはネイティブとの会話や、英語圏のテ…

英語ネイティブはドナルド・トランプを何音節(シラブル)で発音する?

第45代アメリカ合衆国大統領。ドナルド・ジョン・トランプ(Donald John Trump)は、CNNニュースのポッドキャストなどを聴いていても、名前が出てこない時がないほど、良くも悪くも存在自体が物議をかもす人物だ。 https://front-row.jp/_ct/17210349 シラ…

英語喉ビギナー期の恩人、黒人女性エミリーとの語学と馬鹿話の思い出

いよいよテキサスのエミリーについて書く時が来た・・・。もちろん、いつ書いてもよかったのだが・・・色々と思い出深いので、ある程度の人数のネイティブ交友を紹介してからという意味不明な縛りを自分に課していた。 ~ 英語ネイティブ交友録 Emily (Texas…

ケンジの紐育物語 現地で出会った英語喉が発音を変え人生も変えた

東京在住の英語喉実践者ケンジさんは、2007年に単身アメリカはニューヨークに渡り、現地でアルバイトなどをしながらカレッジに学び、2012年に帰国した。筆者は2011年に、英語喉を初めてからほどなく参加したネット上の、カズさんこと英語喉著者…

英語の「喉発音」が誰でも体感できる瞬間体験方法を発表!

筆者がこのブログの複数のテーマの中でも、特に重視している「英語喉メソッド」に関して、色々なコメントが寄せられている。「興味を持った」「やってみます」という嬉しいのもあれば「わからない」という声も少しはある。無理もないと思う。勘をつかむのに…

ミックジャガー+米国新旧大物MCに学ぶ英語喉発音シラブル3ビート

アメリカの新旧大物MCと言えば、大御所ラリー・キングと脂が乗り切っているジミー・ファロンだろう。2010年、大御所ラリーのトーク番組に当時人気が急上昇中だったジミー・ファロンがゲストで招待された回は、ジミーの魅力が満喫できて、またミック・ジ…

喉発音とは自分自身が管楽器になることだ!英語喉はネイティブのやり方

英語喉メソッドが説く、ネイティブの実際の発声法である喉発音を、究極のひと言で表現すると「自分の喉を管楽器にしてしまう」ことだ。英語というサウンドを奏でる管楽器に。そう捉えた時に、なぜ口発音ではなく喉発音でないといけないかが、理解できるはず…

AGTを最高に沸かせた日本人ゆりやんの英語こそ喉発音と3ビートだ!

お笑い芸人・ゆりやんレトリィバァが本年(2019年)6月にアメリカの人気オーディション番組「アメリカズ・ゴット・タレント(AGT)」に出演し、会場を爆笑と興奮の坩堝に叩き落とした快挙について、英語喉的に見てみよう。 〜ゆりやんレトリィバァ、審…

ヨッシーは日本国内でも指折りのガチな「イングリッシュヲタク」主婦

東京在住の英語喉実践者であるヨッシーさんは「留学や海外在住なしにネイティブ並みに発音し会話できるようになることを目指して頑張っている」主婦だ。筆者の知る中では日本国内屈指の、最もガチで英語に向き合っている主婦のひとりだと思う。 https://koku…

英語喉上川氏のVoicy英語チャンネルにゲストとして出演した件

英語喉著者であり、筆者が師匠と仰ぐ「カズさん」こと上川一秋氏のVoicyの番組「国際結婚と英語」にゲストスピーカーとして招待された。収録したものが6月9日と10日の二回に分けて公開され、いつでも聴けるようになっている。 ~ブランク6年を経て英語…

ジャズな日々の現在・過去・未来を綴る

私は物書きを生業としている。ジャズと小説を愛するプロライター&英語喉実践者だ。 英語喉が何たるかは折に触れて語るであろうから、ここでは「日本人にとって最強の英語上達メソッド」とだけ記しておこう。 私はジャズのどこに惹かれるか。 ジャズの生命線…