2019-09-09から1日間の記事一覧

『陪審法廷』 人が人を裁く重さを人生の元手を注ぎ込み描く傑作小説

5年ほど前に、この楡周平の読み応えある小説「陪審法廷」を読み終わった時、胸の奥からこみ上げる熱いものをこらえ切れなかった。そして思った。もし自分が将来において、「裁判員」に選任されるようなことがあれば、その時はもう一度この一書を深く読み返…